Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Watching "The River"Flow in 2015-2016
 遂に、噂が流れて約5年余り。1980年のアルバム、"The River"のアウトテイクと80年10月の"The River"ツアーの未発表ライヴとリハーサル映像を網羅した"The Ties That Bind"が正式にリリースされた。ここ2年程のLive Archiveサイトの登場で、滅多なニュースでは驚かなくなっていたが、さすがに これは驚いた。

 ドキュメントは、"明日なき暴走"の"Wings For Wheels"と"闇に吠える街"の"The Promise"とは体裁が違い、殆ど全編を、現在のブルースのインタビューで"The River"の制作過程を明らかにしていくスタイル。10年前に"Born To Run"の記念盤が出た時に、既にドキュメント制作を想定して、Eストリートバンドのメンバーやジョンランドーからもコメントを あらかじめ録り貯めていたのかなぁと想っていたが、いざ全編を観ると今回は そうではなかった。それでも、現在のブルースがギターを爪弾きながら 弾き語る数曲は、ボーナストラックで全編観たい位だったし、"Wreckin Ball"のMVで一瞬映り込んだ1980年のテンピのリハでの31歳のブルースが 会場のPA卓で、じっと考え事をしている姿が、カラーでいきなり挿入されたり、今回リリースされたアリゾナ州テンピでのツアー映像の断片が登場すると("Cadillac Lunch"でのブルースとクラレンスが2人で徐々にカメラに近寄ってくる表情ときたら!)、一瞬言葉を失ってしまうぐらいのインパクトがあった。

 驚かされたのは、制作されていた楽曲の多さ!マックスが84年のBackstreets誌のインタビューで語っていた、"殆ど全曲に存在するロカビリーヴァージョン"こそ"You Can Look"のみの披露に留まったが、今迄にシングルB面や"Tracks"や"The Essencial"で小出しにされていた未発表曲も全て取りまとめられた22曲(理由は不明だが"Bring On The Night"が外されている)に、79年クリスマス時期にリリース予定だった1枚もののアルバム"The Ties That Bind"の10曲。それを除いても、まだアウトテイクがあると想われる。インタビューの合間に、さり気なく挿入されるレコーディング記録の数字ときたら!"The Promise"も そうだったが、77-78年より短いスパンでの、ブルースとEストリートバンドのレコーディングの壮絶さが、如実に伝わってきた。本当に、毎日、毎晩、ブルースは新曲を書きあげ、バンド向けにアレンジをして、何度となくリハーサルで思考錯誤して、、人生を全て懸けて、レコーディングに臨んでいた事実に戦慄した。

 前回の"The Promise"あたりから 詳細はクレジットされていないが、明らかに追加レコーディングが施された曲も絶対あるはずで、この辺りは、チャールズ・クロスにでも、鋭いツッコミを発揮して、メンバーやブルースに今後でもいいからインタビューで明らかにしてもらいたいところだ。

 ありえない話だが、もしブルースが60年代中期にデビューしていたら、拘りなく、完パケした曲を、矢継ぎ早にシングルリリースして、ヒットを連発したかもしれないな、と想ったりもした。先行シングルでリリースされた"Meet Me In The City"や"Party Lights"は、個人的には、アルバム収録曲の"I am A Rocker"や、"Crash On You"に勝るとも劣らない、クオリティに仕上がっているし、万一今後の人生で 間違ってでもブルースに出くわした時には、"どうしてこれを外したの?"と丁寧な言葉遣いで問い正したくなる。



 アルバム"The Ties That Bind"の中では、既に"Fade Away"のB面でリリースされていた"Be True"が、既存のテイクはデモヴァージョンを間違えて収録したのでは、と想うぐらい いい出来だったし、"Hungry Heart"は、ピッチがオリジナル通りになっていて、現行のヴァージョンはジョンランドーの戦略でピッチが改変されていたことが明らかになったりと、聴き所は多いし、これはこれで整合感はあるのだが、今となっては、やはりボリューム的にもストーリーテリング的にも、もっと聴きたい!という種の物足りなさを強く感じてしまった。

 本音を言えば、80-1年ツアーでの演奏が観てみたかった"Chain Lightning"は、既に、後年の"Spare Parts"や"Seeds"での強烈にブルージーにドライヴする演奏の萌芽が観られるし、ブルース本人は、"Crash On You"と差し替えたかったと発言してるが、個人的には当時起こったばかりの、スリーマイルアイランド事故との関連性を指摘され、支持を失う事を懸念しブルースとランドーが差し替えたと想っている"Roulette"と"Mr.Outside"は、あえて今、カップリングでシングルカットして某国の政府に送りつけたい歌詞の切れ味だし、"Paradice By The C"のスタジオ版を聴いた瞬間、クラレンスのサックスは、唯一無二で、バンドの中でブルースに拮抗できる存在だったんだなぁと、改めて実感した。後半の既発表のアウトテイクも"Tracks"でのリリースから20年近くたち、リマスターされて曲順も整理されてまとめられているが、むしろ"Hungry Heart"よりラモーンズ向けに想える"Living On The Edge Of The World"も、実は本邦初CD化の"Held Up Without A Gun"も、Eストリートバンドが目の前で演奏してるかのようなライヴ感が溢れ出しているし、、、、さながらブルースとEストリートバンド版の'Nuggets"みたいだ!!当時のブルースはアルバム一作品で表現するテーマへの拘りが、尋常でなく強いあまりに、少しでも楽曲の曲調が似通っていたりとか歌詞のテーマが重複するものについて、徹底的に推敲を重ねて、現在の2枚組に辿り着いたことが分かる。

 もし22曲入りのアウトテイクスや、アルバム"The Ties That Bind"がオリジナルの2枚組の替わりにリリースされていたとしたら、ブルースのその後のキャリアも、また違った方向に進んでいただろうし、"Nebraska"や"Born In The USA"は、リリースされず、ニュージャージーのローカルヒーローとして、今でもStone Ponyでライヴをやってたかもしれない。結果、2枚組で出されたアルバムは全米1位となり、さらなる商業的成功と創作の自由を手にしたわけで、その点では、本人曰く「絶対に下げてはいけない自身の基準」に、最後迄こだわり抜いたブルースの慧眼に、頭が下がる。

 そして、遂に全編ではないが、2時間40分がリストアされた80年11月4日の"The River"ツアーのライヴとリハーサル!発売までに巧妙に少しずつ公開された予告映像にも唸らされたが、いざ全編を観たら、、しばらく言葉が出て来なかった。それにしても よく録っていたし、フィルムが残っていたと想う。Darkness Boxの会場の記録用録画と違い、4台のカメラで録られた純粋なライヴの記録。
ブルースとEストリートバンドは、若いし、動きもシャープで、トリッキーで、正直に言うと、それ以後失われたものが、全て揃っている。クラレンスは、いにしえのジャズマンみたいなスーツをバリっと着こなして、ブルースに負けずにステージをかけずり回るし、リトルスティーヴンは現在の100倍真面目に(!?)ストラトを弾いているし、マックスは、ビシッと正装して、楽曲の歌詞を口ずさみながら、ワイルドなドラミングを連発するし、まだブルースが1番の歌詞を観客に唄わせずに自分で唄う"Hungry Heart"でのダニーフィデリシのハモンドのソロに、、発売直前のTVコメントでリトルスティーヴンも指摘している通り、まさに、ブルースとバンドのピークの瞬間が確実に捉えられている。もう、見所しかない、と断言したい。

 目玉は、、"No Money Down"から連なる"Cadillac Lunch"に、"Sherry Darling"に、後年の"Tunnel Of Love"ツアーで、"All That Heaven s Will Arrow"で披露されたものとはアレンジもメロディも若干違う、"Here She Comes"がイントロに入る"I Wanna Marry You"にスタジオヴァージョン以上の説得力がある"Drive All Night"に、あらゆる瞬間に聴き手の呼吸を止めてしまう力を秘めている”Jungleland"!!ステージングこそ、後の"Born In The USA"ツアーや 再結成後のツアー映像で観られる洗練には達していないが、それを補って余りあるブルースとEストリートバンドのライヴバンドとしての力量が、完璧に捉えられている。

 そして、後からボーナストラック的にリリースされた映像なしの10曲をカットして追加されたリハーサル映像は後年のドキュメント"Blood Brothers"のように、ブルースが、バンドに曲のアレンジを指示する瞬間などは、残念なことに記録されていないが、その後のライヴでも殆ど披露されなくなった"Crash On You"のオリジナルアルバムヴァージョン そのままのアレンジの演奏や、恐ろしく恰好良いブルースとクラレンスの"Fire"のヴォーカルの絡み部分などが、クリヤな映像で観られる、というのは、これはこれで、適切な判断だったと想うし、今回の究極の目的である"The RiverツアーでのブルースとEストリートバンドの絶頂期を記録する事に見事に成功していると感じた。

気がかりな2016年の短期ツアーだが、ブルースにしては初めて過去のアルバムを冠にした、ノスタルジーツアーになってしまうのか、と危惧したが、実質編成は2016年の現在のメンバーだし、アルバム3枚分以上のアウトテイクも、ブルースの1アクションで すぐに披露出来る状態に仕上げてくるだろうし、その心配は無いと想うが、なにせブルースのことなので、ツアーの大ラスには、セットリストとバンドの出来がどうなっているか、今迄以上に期待して待っていたい。 
スポンサーサイト
Dec.19.2015 Saturday Night Live@NBC
2015年12月19日、久しぶりにブルースとE-ストリートバンドがサタデーナイトライヴに出演し、"Meet Me In The City"と"The Ties That Bind"とポールマッカートニーも急遽飛び入りしての、"Santa Clause is Coming To Town"を披露した!

"Meet Me In The City"は さすがにオリジナルキーではなく、
クライマックスの"Alright!!"の箇所は、ブルースも若干声の高い部分が厳しそうだったが、演奏そのものは、オンエアでは あまり映らなかったが、マックスと
ギャリーのリズム隊が素晴らしくタイトな演奏を聴かせた。2曲目の"The Ties That Bind"では、ブルースの声も徐々に出てきて、現在進行中のツアーリハの
充実ぶりが伝わってきた。ジェイクのサックスも、さすがにクラレンスの独特の
音色には いまひとつ、といったところだが、端から聴いている分には破綻がない
演奏っぷりだった。ラストの"Santa Clause Is Coming To Town"は、ポールが
呼び込まれた瞬間、ニルスロフグレンが強烈に嬉しそうな笑顔でニヤっとしたのが
印象的!ブルースも、完全にツアーのテンションで、下手したらこのまま、何時間でもその場所で演奏しそうな勢いすら感じた!短期のツアーだが2016年の"The River"ツアーが、どう変貌していくか、愉しみで仕方がない!

Meet Me In The City



The Ties That Bind


Santa Clause Is Comin To Town

2014年リマスター盤を聴いて
2014年にトビースコットがリマスターを監修した、ブルースの初期7作を
ようやく全作聴き終えた。1stこそ、単純に考えて一番聴いた回数が少ない
こともあり、今ひとつ違いが釈然としなかったが、2ndからは、もう驚きの連続
だった。オリジナルの状態が当たり前だと感じてずっと聴き続けていたので、
"The E Street Shuffle"のスタックス直系のブラスセクションの荒ぶる感じとか、
"Circus Song"のオルガンのペダルを踏むノイズとか、"Incident On 57th Street"のラスト、ブルースのギターソロが唐突にグッと入り込んでくるところとか、"Rosalita"の異様に高揚する感覚とか、"Newyork City Serenade"のイントロの静謐さとか、消え去って欲しくないところが沢山あったが、幸いにも、杞憂に終わった。ミックス迄はやり直されない、という触れ込みだったが、各トラックのノイズが劇的に低減されながらも、レコーディングの雰囲気は、しっかりと伝わってきた!!

"Born To Run"は2005年(といっても10年前)に音のバランスはそのままに、ボリュームを上げた感覚でリマスターされていたので、油断していたら、まぁ、凄かった!全体的にブルースとマイアミがギターを曲に合わせてかき鳴らす感覚とか、"裏通り"のゲィリータレントのベースとか、"Jungleland"のストリングスアレンジの細かい部分とか、明らかに今迄、気づかなかった部分の音が明確に聴き取れるようになっていたし!

"Darkness"も、従来の音源での、ロックナンバーのギターの過剰に痩せた音が
ぐっと前面に出て、バランスも改善されていたし、無論、
"Racing In the Street"のロイビタンのピアノとダニーフィデリシのオルガンの繊細なタッチも しっかりと聴き取ることができたし、2010年リマスターで気になっていた、"Something In the night"のイントロの微妙な音揺れも目立たなくなっていた。

そして、今回一番期待していた"The River"の初リマスターは、なんかもう、
スタジオライヴを一発録りしたような感覚!!マックスのドラムの音が素晴らしく
よく録れているし、ブルースが思わず発した"Yay!!"!!とかっていう叫び声も、
はっきりと聴き取れるし!この時のパワーステーションでの仕事は素晴らしい!
通算にすると あまり聴けていない2枚目の何曲かすら、新しい発見があった。

"Nebraska"は 今迄のどのCDマスターより、ブルースの歌とアコースティックギターが、自然に捉えられてるように想えた。ハーモニカの音色も、一発で曲の情景が浮かぶ感じ!"Open All Night"や"Johnny99"のブルースのギタリストとしてのビート感も強烈に伝わってくる。

"Born in the USA"は、最初に聴いたときからCDだったので、正直あまり差が
感じられないかな?と想ったら、30年の年月は凄かった。どの曲も、目の前で
ブルースとE Street Bandが演奏してる感覚!アウトロの細かいエンディングとか、
ブルースとバンドがノッてしまって演奏が止められない感じが伝わってきた。

これを聴く前に、"Tunnel Of Love Express "の88年4月のライヴを爆音で
聴いていたので、本当に久しぶりに、十代の頃の感覚が蘇ってきたし、
これまでブルースの音楽に惹かれて過ごしてきた日々は、何一つ間違ってない!!
と改めて確信した。

そう、テレビで、"Thunder Road"と"The River"と"Dancing In The Dark"と"Rosalitaを
小林克也さんのDJで初めて目撃した時から、今迄ずっと、これからも
"I m just a prisoner Of Rock n Roll"ってことさ!
"Ride down baby into this TUNNEL OF LOVE Express"
 88年4月のLAの"Tunnel Of Love Express"ツアーのライヴ、何度となく聴いた!
この時期は、FMでの世界中継のライヴ(1部のみ)や、東欧でのライヴがテレビ
放映もされて、比較的ライヴの全容が掴みやすいが、ライヴを丸ごと収録したものが最高の形で届けられた。トビースコットの手になるDSDリマスタリング。

 "Tunnel Of Love"の制作過程で、齟齬が生じてしまったE-Streetersとの関係も、
ツアークルー達との長い付き合いの中で生じてきた馴れ合いを打破すべく、
ステージの立ち位置から、演出から、ライヴ75-85の次の場所へ向かおうとするブルースの意志を強く感じた。

 "Tunnel Of Love"からの楽曲のライヴヴァージョンは どれも素晴らしい!
オープニングは、いつか映像も公式発表して貰いたいぐらいの出来だし、
70年代からの音楽的な足下の軽さと、R&Bや、ソウルナンバーへのバックトゥルーツの感覚の幸福な融合。
もし、アムネスティのツアーがなく、もっと長くこのツアーが続いていたら、
"Human Touch"とそのアウトテイクに一部成果がみられたような、ソウルや R&Bベースの
E-Street bandとのアルバムが仕上がっていた気がする。
その名残が"Have Love,Will Travel"と"I m A Coward"、2013-14年の
ツアーでも披露された"アポロメドレー"のひな形ともいえる"Sweet Soul Music"のカヴァーだ。
前者2曲はスタジオヴァージョンでも未発表だったので、日の目を観て嬉しい。
まぁ、この時期ならではの自問自答というか自虐的な歌詞ではあるが。

 "Born In the USA"ツアー時にも、"Man At The Top"や"Seeds"や、
"War"といったメッセージ性が強烈で、音楽的にもニルスのギターが全開になったナンバーを
披露していたが、そこから数歩前進しようと模索しているようにも想える。
"Horns Of Love"も、ハマる曲は強烈に曲をドライブする事に成功しているしね!

 "Roulette"や、"Part Man Part Monkey"や、"You Can Look"のロカビリー
ヴァージョンの披露も、面白いし、聴きものだ。"Dancing In The Dark"も、
まだ、"The Rising"ツアーでの決定的な完成形には まだ達していないが、
やはり、映像が観たくなってしまう!

 "Live Archive"のリリースも安定してきたが、各ツアーからの記録用のライヴ映像や、
ライヴ音源の断片も、オムニバス的にまとめてリリースを熱望したいと
最後に我が侭を書いておく。90年のLAでのソロ、カムバックライヴでもいいし、
92年のツアードレスリハーサルもあるし、95年のラジオライヴもあるし、
まぁ、きりがないな!(苦笑)
Talkin’bout Pete Townshend
ブルースが、Musicare 主宰のスティーヴィーレイヴォーンベネフィットの授賞式で、
The Whoのピートタウンゼントが表彰されるにあたって、プレゼンターを務めた。
無論それだけでなく、The Whoと"My Generation","Won T Get Fooled Again"を共演した。

この半年、ライヴアーカイヴからの公式海賊盤の80年、84年のリリースを除くと、ほぼ飛び入りに近いライヴ出演を除けば、ツアーもなかったし、鳴りを、、潜められそうにないのは世界中のブルースファンが承知している事だ。

Backstreets Webで公開された、当夜のブルースのスピーチを聴くことができたので、
あくまで、ラフの私訳ではあるが、以下に、全文を 掲載する。
------------------------------------------------------------------------------
 ピートタウンゼントがドラッグとアルコール中毒と闘う人々を援助する彼の決意に対し、今年のスティーヴィーレイヴォーン賞を授賞することになった。

彼のThe Whoでの活動とダブルOチャリティを通じて、ピートは
長年、懸命に努力し、精神性を高めてきた。
そして、寄付。。充分な成果だ。幾つか例を挙げると、
1986年のダブルOプロモーションはコロンビア火山噴火過の救済コンサート、
1989年のThe Whoの再結成ツアーは アメリカで8万ドルの子供達への
寄付を生み出した。イギリスでは、ティーンエイジカンサートラストに
ここ数年、多大なる援助をし、3万ポンドの寄付と、がん研究所と教育施設の創設を
実現した。今回のツアーでも、ティーンエイジカンサートラストや、マイケル
Jフォックス基金、私生児の為のアンドレアガシチャリティ基金、NYCの貧困との戦いを援助するロビンフッド基金など、同等の規模でチャリティのために基金を積み立てようという計画もある。

ピートとThe Whoが人々になし得てきた事は、まだまだ話せるけど、
ここじゃ、ちょっとピートが俺にしてくれたことを話すよ。

 俺はピートタウンゼントのためにならないと想ったんで、フェンダーテレキャスターで、
ウィンドミル奏法をやるのは止めておいた(苦笑)
66年か67年から記憶が定かじゃないけど、The Whoの最初のアメリカツアーでさ
ボードウォークの近くのコンベンションホールの長蛇の列の中にいたのさ。
看板には大きな文字で、"ハーマンズハーミッツ!" そして(小さな文字で)The Who!
って書いてあってさ。俺は、まだ十代で、初めて皆で連れ立って観に行ったロックコンサートだったんだ。

 ピートとThe Whoもレコード契約したてでまだ若くて、バリバリの十代でね、
荒ぶってて、攻撃的なマジックがあったツアーだったな。彼らは そのツアーで ハーマンズハーミッツのオープニングアクトだったんだよ。なんてこった、って話さ(苦笑)

 俺はコンベンションホールの自分の席のあたりをブラブラしながら、始まるのを
待ってた、確か最初のバンドは、、、ブルースマグーズだったと想う。
ニューヨーク出身。お、そっちに 覚えてる人何人かいるみたいだな? 本当に?(爆笑)
彼らには"Ain t Nothing Yet"って凄い曲があって、連中が、電飾付きのスーツで
出てきて、ホールの照明が消えるとそれが浮かび上がってさ、当時としちゃ画期的な効果だったよ。

そして、The Whoが出てきてさ。多分30分も演らなかったと想う。
ピートはスモークの中でギターを床やアンプにメチャクチャに叩き付けてぶっ壊してさ、
客はというと、"Mrs.ブラウンのお嬢さん"だけしか知らないミーハーな連中だったから、
口を あんぐりと開けて、何だこれ!って感じだったよ、あ、勿論*Who Are You?" 
"誰だこいつら?" "なにやってんだ?" ”なんでこんな真似をしてるんだ?"ってね。

俺に理解できたのは、The Whoの音楽と、連中が完璧に恰好良い楽器でやらかす
ものごとが、とびきり愉しかったってこと!

体がいいだけのものが完璧に破壊されるのは 何かとてつもなく素晴らしかった。
The Whoが、誰かが体裁を整えた安全なシロモノをぶっ壊す、仕組まれた暴動は
喜びと、目眩! なぜだか知らないけど それが俺を愉しませたし、スリルがあったし、かきたてられたんだよな。

 俺が十代の頃にやってたキャスティールズってバンドで、早速影響されて、
16歳だったんだけど、翌週末にカトリック学校のSTローズオブリマの
CYOダンス用の地下室でギグがあったんだ。早速出かけていって発煙筒とストロボライトを
手に入れてさ、ギグの間中付けっぱなしにしてさ。自分のギターは1本しかなかったから、ぶっ壊したら、其の夜は 何もできなくなっちゃうからさ。
発煙筒のところにいっちゃ、ストロボライトのとこに戻って、上の階の教室から
かっぱらってきた花瓶を持ってさ、自分のダンエレクトロのアンプの上に よじ上って、
わざとらしく花瓶を振りかざして、煙まみれになりながら それを
ちょっと ビビりながらダンスフロアに叩き付けて、アンプから飛び降りたのさ!

無論、間抜けだったね。心神喪失みたいな感じだったよ。花瓶はさすがに
買ったばかりのテレキャスターの替わりにはならなくってね、でも
それをやったってだけで充分だったな。手を血まみれにしたピートタウンゼント
になったような気がしてさ。。。想いだしたくなかったけど

それからも、The Whoの音楽と一緒に成長してきたんだ。
性的なフラストレーション、政治、アイデンティティ、とかのテーマが
The Whoのアルバム全部から、俺の静脈に入り込んできてさ、
いつも彼らの音楽の中に、自分自身を見つけてた。"The Seeker"は
"Born To Run"の登場人物みたいだったし、、、ピートがギターを血だらけに
してなかったら、俺は ジャングルランドにも、辿り着け、、、なかったろうな。

ピートは 信じられない位最高の、リズムギタリストなんだ。彼は
信じられないような、誰も弾けないないようなリードギターを観せてくれたろ?
本当にそれってとてつもないことなんだよ。ピートは下衆な商売だった
ロックを、スピリチャルで品格があるものに高めたんだ。彼は嫌がるかも
しれないけど、それを確固たるものにしたのさ。そこに向かう事も恐れなかった。
そこを通り過ぎるのに俺は何十年も時間がかかった。ピート、改めて
"Who s Next"とか"あんた誰?"じゃなくて 俺自身が、おめでとうと言う為に
今日は来たのさ!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。