Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sep.19.2017 サウスサイドジョニー、30年ぶりの来日公演!

恐らくジョニーライオン自身の手になる、
壮絶にマニアックな、ソウル、R&B系の
BGMが、約30分程、客入れ時に流れていて。
どうがんばってもボブ&アールのハーレムシャッフル
ぐらいしか分からず。

しばらくするとスクリーンが降りてきて、
今後のラインアップの紹介。ガーランドジェフェリーズが
目につくぐらいかな。

ビルボード東京は初めて観に行ったのだけど、
早めに来ていたこともあって、客足は、とてもゆっくり目に
感じたし、ざっくり観たところで60人ぐらい?の入り。
いわゆる普段観に行っているバンドマンがイキッってる感じとは
正反対の、今迄に感じた事がないムードに若干戸惑う。

座席は、事前にネットで調べていったとおり、あえて、ステージ前を
とらなかったのが的中し、ステージ真正面。しかも座席に傾斜があり
ストレスなく座った状態でステージ全景が見渡せる絶好の位置。

開演前にエレベーターで出くわした、ライヴエンジニアのチーフらしき
人が、おもむろに、センターマイクのところにフラッと登場して、
今夜の主役の登場を告げる!開演!

普段はわりと4ピースにキーボード、的な編成のバンドを観る事が
多いのだが、今回は、ブラスセクションもビシッと3管揃っていて
見事な迄に、ジャージーショアサウンドをレコード以上に再現していた。

そしてサウスサイドジョニーの、黄金の歌声と、伝家の宝刀ブルースハープ!
以前、どこかで、神はブルーススプリングスティーンにライヴパフォーマンス
の才能、リトルスティーヴンに、ギターとソングライティング、プロデューサー
としての才能、そして、、、と訊いていたのが 頭に残っていたが、まさに
言い得て妙だと感じた。

ジョニーライオンは、65年頃からバンドをはじめて、徐々にメンバーが
揃ってきたそうだが、それにしても。。40年余り,日々の生活と同じ
次元で、周囲の仲間、無論ブルースも、E-Streetersも出入りしていたであろう
コミュニティの中で、音を出し、パフォーマンスに磨きを賭け、セッションを
繰り返すなかで積み重ねられたものが、約3時間にわたって、噴出しっぱなし
だった。

第一部は、やはりお客さんが、彼らのライヴは どんな感じか?というのを全身で
感じ取ろうとするのを察知したのか、初期のナンバーだけでなく、最新作からも
バランスよく、まんべんなく選曲していく。中盤ぐらいから、徐々に、
最前列のお客さんにシャツの袖を捲らせたりとか(苦笑) コール&レスポンスを
チラッと試みたりとか。まぁ、でも最初は、食事をとりながら観ているお客さん
もかなり居たため、反応は今3つぐらいだったが。。。でも、座席とテーブルが
しっかりあったために、こまめに 何の曲をやったかメモをとっている人を
かなり目にしたし、中盤辺りから、ジョニーや、バンドメンバーがステージで
ふざけるのに大笑いしながら反応するひとがチラホラ出てきて、少しずつ
ムードがくつろいだ、リラックスした雰囲気に変わっていった。

彼らの楽曲の飛び切り素晴らしい点は、過去のソウルやR&Bからの影響を
見事な迄にアレンジの中に昇華し切って、完全に自分たちのスタイルとして
提出している点だ。ブルースが、いわゆるブルーアイドソウルや、ブリティッシュ
インヴェイジョン、初期のアニマルズからの影響を やはり見事に昇華しているが
それをソウルとR&Bのエリアで全うしている印象だし、ルーツとして見え隠れ
している。

そして、ここぞ!というタイミングで、ブルースや、リトルスティーヴンからプレゼントされた初期のナンバーを挟み込んでくるし、スローテンポで、うたいはじめたりして、文字通り縦横無尽。無論、ジョニーが一人で突っ走っているわけではなく、キーボードも、ギタリストもホーンズも、見事に彼の歌をスッとバッキングしていく。そして、アズベリージュークスは皆、コーラスが、まぁ、ビートルズ程、きっちりしているわけじゃないけど、いわゆるシンガロングするナンバーでは、もうこれ以上ないぐらいのハマり方をする。凄い!

あっという間に時間が過ぎて、約90分弱で、第一部、終演!
あわててフロアで、セットリストを貰った人に頼んで写真を撮らせてもらった。

そして、ジョニーも、バンドもエンジンがあたたまって から突入した
第二部が、更に輪をかけて凄まじいステージの展開になった。
昔の曲も、ニューアルバムからの曲も、まったく同じ2017年の同じ場所から
客席に見事に届いているのが わかるし、途中、全く予定にないオールディーズ
やブルースナンバーを、絶妙のアレンジでぶっ込んでくるし、コール&レスポンス
は、もう、見事な迄に客席をノセてしまうし、最前列のお客さんをステージに
あげちゃって、唄わせちゃうし、、終始暖かな雰囲気に包まれていた。
いわゆる、JBがやるような、決め決めのパッケージショー、ともスタイルは異なるが、見事な迄に 音楽的に まとまったR&Bのショーを披露していった。ブルース・スプリングスティーンのライヴもそうだけど、やはり、最後の1曲では、客席の照明が全部点いて、老いも若きも、国籍も、性別も 関係なしに、みな、見事な迄に 唄い、手拍子をし、踊りまくっていた。無論、筆者もフロアでジャンプしていたのは言うまでもない!笑 まさに サムクックの ハヴィン ア パーティ を地でいく、熱狂的な一夜だった。最高のひとときでした!

追記;本日もライヴがあるため、セットリストは全公演終了後に掲載予定です。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。