Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tribute To Joey!
??-38

 ブルースと、初期パンクスの交流は、実は沢山ある。
"闇に吠える街"を共同制作した、ジミーアイオヴィンを通じて知り合った、パティスミスに書きかけの"Because The Night"を提供して、ライヴに飛び入りしたりとか、ブルースの80年代の作品の屋台骨を支えたボブクリアマウンテンは、エンジニアとしてのデビューは、デッドボーイズの1stアルバムのラフミックスだったし、ジョーストラマーは ブルースの最初のロンドン、ハマースミスオデオンでのライヴを観客として体験していた。オーストラリアのThe Saintsも80年代に入ってからブルースの"Born In The USA"に影響された"Just Like A Fire Wood"をリリースしているぐらいだ。

 ブルースは、自身のライヴでの空前絶後のパフォーマンスそのものが、スキャンダルの一つとしてのパンクに対しての最大のアンチテーゼだと、位置づけていたし、ジョニーロットンや、ジョーストラマーが、スプリングスティーンに対して悪態をついたという話は、自分の知る範囲では訊いたことがない。

 ラモーンズとブルースの最大の共通点は、フィレスサウンドがルーツにあることだと想う。ブルースは、アルバム"明日なき暴走"のレコーディング中に、フィルスペクターがDionのアルバムレコーディング中のスタジオを訪れ、たまらなくフィルスペクターにレコードのプロデュースを依頼したい想いに駆られたという。

ブルースにとっての最初の大ヒット曲"Hungly Heart"は、そもそも、ラモーンズに提供するつもりで、書き上げたが、辣腕のジョンランドーが"勿体ない"とストップをかけて、立ち消えになった。80年に、ラモーンズがフィルスペクターのプロデュースで"End Of The Century"をリリースしているが、見事な迄にBack To The 50s、60sの自身のルーツに敬意をはらったアルバムだった。もしフィルスペクターが止めなかったら、この中にラモーンズヴァージョンの"Hungly Heart"が収録されていたかもしれない。さすがにオリジナルヴァージョンが とてつもないアンセムになった今では、ラモーンズの為のデモ録音は残ってないかもしれないが、The River のBoxセットの片隅に、ひっそりシークレットトラックで収録してほしい 笑


スポンサーサイト
ジョーストラマーのこと。


 今日はブルースとも縁が深い、ジョーストラマーの9回目の命日なので、一筆啓上させてください。

 ジョーストラマーとThe Clashを初めて知ったのは、多分、17歳頃。初めて自分の意思で結成したバンドのベーシストの友達が、"Janie Jones"を演りたい、って聴かせてくれたのが最初。ギタリストも、盛り上がると弾くの忘れてコーラスいれちゃうイカす奴だったんだ。当時はオリジナルパンクスがそろいも揃って不調だった時期でさ、ある意味原体験に限りなく近い衝撃を受けたのを覚えてる。そうだな、初めて周囲の状況に異議申し立てをする音楽に出逢った。別に家族とか、学校とか、周囲の環境にイラッとすることは何も、なかったんだけども、そろそろ自分のやり方と伝え方で、ものを言いたくなってたんだと想う。なんだ、俺は俺でいいんだな、って想った。

 そう考えた日から、堰を切ったみたいに、それまで気にも留めなかったような物事がガーッと自分の中に入り込んできたんだ。それ以来、今の俺が始まったんだ。でも、The Clashは、ジョーが生きてる限り再結成しないと想ってたし、ジョーも、The Clashで過ごした年月で、燃え尽きたように見えて、メスカレロスと演ってる音は 余生を優雅に過ごしてる印象があったんだ。だから、最初の印象を壊されたくなくて、あえて観に行かなかったんだ。

 でも、とある冬の夜、渋谷で友達のライヴを観に行く途中、HMVにジョーストラマーが来てる!って告知を観ちゃったんだ。時間も余裕があったし、サインとか握手なんて、叶わなくていいから、感謝の言葉を伝えられたら、、って想って、行く事にしたんだ。HMVは当時よく立ち寄ってて、イベントが始まるまでは フロアのあちこちを観てたりしてたんだけど、時間が迫ってくると、やっぱり緊張したw Sonyのスタッフが、厳戒態勢で準備万端にしてたんだ。いざ始まってみると 意外なほどフラリとメスカレロスのメンバーと一緒にジョーが入って来た!すごい無理をしてない感じっていうか、肩の力が抜けてる感じがしたんだ。でも、ふとしたときに見せる眼光の輝きは、まぎれもなく本人だと想った。それがわかっただけでも満足だったんだ。でも、会場に来てる人たちと話がしたい、って その場でジョーが言い出したんだ!スタッフは大慌てだったんだけど、順番に整然と列をつくるようにして、手はずを整えたんだ。で、自分の番がくるまでに、人生最大の勢いで脳みそをフル回転させて、何を言おうか考えた。時間は短くてもいいから音楽をやっててくれて、ありがとう、という感謝の言葉を伝えたかった。

 通訳の人もその場にいたんだけど、7歳児ぐらいの言葉遣いだったんだけど、"The Clashの音楽を聴いてなかったら、間違いなく俺はここには居ません。あなたの音楽からもらったものを、自分なりのやり方で伝えたいと想います"って言った。そしたら、ジョーは、あの不敵な笑い方で、"Thanks!! That's Great!! Keep Rockin'"っていってくれて、ギュッと握手してくれた。その瞬間から、俺は 何があろうと、自分の信条のままに、やれることを全部やってやろうって 心に決めたんだ。これが、ジョーストラマーと俺との間に起こった事の全てだ。明日からも、爆発的に生きようと想います。
"Raise Your Hand"(Sep.19.'78/Passaic)/ニューアルバム展望



昨日、ブルースが911のトリビュートコンサートに出演を決めたというニュースが飛び込んできました。マックスウェインヴァーグセブンも一緒に参加するので、当然、共演もあると想います。そのニュースの前後にも、毎年エイプリルフールの、"Backstreets"の お株を奪うかのような ブルースのニューアルバムの告知のパロディがBacksteetsの"News"欄にまで掲載されました。夏頃の噂では、10月にリリースかという話がまことしやかにささやかれましたが、おそらく、今回のトリビュートライヴへの出演が一段落してから、というタイミングでCBSはプレスリリースを出すのかもしれません。毎度のことながら、本決まりになるまで、落ち着かない事この上ない日々です。本格的なツアーは来年、ということですが、さすがに後三ヶ月で"Darkness Box"のプレミアライヴから一年が過ぎてしまうので、ライヴの熱狂が恋しくなる頃です。次のツアーでは個人的には、今や完全にツアーメニューの一手段と化しつつあるアルバム全曲披露のACT.2として、"Human Touch/Lucky Town"期の曲を磨き上げて1枚分に絞り込んで披露、とか、"The Rising"編を 個人的には強く期待してしまいます。やはり以前も書きましたが、今回もソロに参加しているスティーヴジョーダンや、ブルースがE-Streeters以外で日頃から音を出したいと想っていた面々と、あっと驚く選曲とアレンジで ソロのナンバーを披露するのを聴いてみたいです。夢想は尽きませんが、期待に震えながら、まもなく33年が経とうとしているとは信じられない鮮烈さの78年9月19日のNJ、パセイクのキャピトルシアターでの"Raise Your Hand"を爆音で聴いていたいと想います。
"Wrecking Ball"(2009)@Giants Stadium,NJ


 最近のリトルスティーヴンのインタビューや、セッションに参加したドラマーがtweetしたりして、少しずつ、ブルースのニューアルバムに関する情報が入り始めている。前回のツアーで披露した"新曲"の"Wrecking Ball"は、トランペットがフィーチャーされた、どこかアイリッシュパンクのノリを感じさせるナンバーに仕上がっていた。

 まぁ、以前の"American Skin(41Shots)"や、"Land Of Hope & Dreams"のように、ライヴ音源の発表のみで終わるかもしれないが、2000年代に、それまでを考えると信じられないようなハイペースでオリジナルアルバムを3枚リリースしたブルースとE Street Band。でも、以前も少し書いたが、ブルースは"Working On A Dream"をリリースした直後あたりから、次の"E Street Band"のサウンドを試行錯誤している最中なのでは?と考えたりした。昨年末にも、"The Promise"に収録されていたナンバーを選んでAsbury Parkでライヴをやったり、"The Promise"の制作中、未完成のアウトテイクにオーバーダブをしたりして、70年代~80年代のセッションでやり残したことがないか、新たな糸口を常にアンテナを張り巡らせて探しているんだと想った。

 実際、"Seeger Session Band"との2枚を除くと、純粋なソロアルバムは6年前の"Devils &Dust"が最後になっていたし、近年、有名無名を問わず様々な若いバンドや、ソングライターとライヴで共演したりレコーディングに参加したりしているのも、新たなレコーディングにおけるパートナーを捜す目的もあるのかもしれない。個人的にはThe Rootsとテレビで"The Promise"からのナンバーをやったり、Elvis Costelloのテレビショーでベーシスト以外はオリジナルのAttractionsにニルスと、ロイが加わったバンドで、滅多にこの手の番組では起こらない演奏における、化学反応めいたマジックが起きたように想えた。

まぁ、次のプロデューサーとして名前が挙がっているのはパティスキャルファのソロアルバムを手がけた人だし、"Human Touch"と"Lucky Town"の時もそうだったが、例えTotoのメンバーがレコーディングに加わっていても、作業が終わって、発表になるまでは、毎度どんなサウンドが出てくるのかというのを予想するのは至難の業だ。実際、今回のクラレンスの逝去を切っ掛けに、また秘密裏にE-Streetersを招集して、"Greatest Hits"の時のように、数曲仕上げ、またはアルバム迄到達してしまう可能性だって充分残されていると想う。

 ブルースは、自己の表現に関する内的衝動には 非常に敏感で、正直な人なので、一旦創作意欲に火がついたら、最後迄やりきると想う。まぁ、以前よりは、アルバム一枚で全てを表現し切る、という点についてはこだわりがなくなってきたようだが。どんな作品があがってくるにせよ、素晴らしい作品が完成されることを期待したいと想う。
The Summit Arena.Houston,USA '78, Revisited
13才の正月に、Roxyのライヴをラジオから聴いて以来、"Darkness On The Edge Of Town"ツアーのプロショットを、なにひとつ問題がないコンディションで、観ることを ずっと長い間熱望していた。それが叶う日が来た。
それまでは、いくつかのブートレグの とてつもない瞬間をカセットや、MDにまとめて、毎日毎日聴いてた。
78年12月のウィンターランドの初日の"Backstreets"、こういう瞬間を追体験したいが為に。




78年ヒューストンでの"闇に吠える街"ツアーのフルライヴの映像を観た。会場のスクリーン向けに撮られていた映像、との触れ込みだったが、想像以上に素晴らしい出来だ。その証拠にカメラのアングルや、場面切り替えなど、後年の"Born In The USA"ツアーのプロショット映像の原型が既に6年前に試みられ、見事に成功しているからだ。ひょっとしたら、この映像を 撮ったスタッフに依頼したのかもしれないが。オープニングの会場の雰囲気を全身で受け止めながら、一曲ごとに、自分の持ってるものを 歌とギターで爆発的に表現するブルースと、それを受けてがっちりとバッキングする、E-Street Band。あえて、曲目リストや当時のライヴのレポなど、前情報を全てシャットアウトして観たのだが、本当に、自分が78年のヒューストンでライヴを 体験しているような感覚に襲われた。"闇に吠える街"からの曲は勿論、後に"The River"に収録されることになるナンバーも、「新曲」として惜しげもなく披露するし、1stの壮絶に恰好いい"都会で聖者になるのは大変だ"や、"The Fever"、"Fire"、"Because The Night"もやり、必殺の"Born To Run"からの曲もキメて、とどめに、ミッチライダーの"デトロイトメドレー"と、とどめのアンコールナンバーまで、余すところ無く、完璧に収録されている。暗転して、画像が途切れたところも、静止画像を使って巧妙に処理しているし、サウンドは、ボブクリアマウンテンがリミックスして、もう、文句のつけど ころがない、出来になっている。初めて本格的にスプリングスティーンを観る、という人は、このライヴから入るのがいいとすら、想った。前作の"Born To Run"ツアーでの手探りな感じが、ライヴツアーを重ねる中で解消され、見事な迄にバンドの音として結実している。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。