Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョーストラマーのこと。


 今日はブルースとも縁が深い、ジョーストラマーの9回目の命日なので、一筆啓上させてください。

 ジョーストラマーとThe Clashを初めて知ったのは、多分、17歳頃。初めて自分の意思で結成したバンドのベーシストの友達が、"Janie Jones"を演りたい、って聴かせてくれたのが最初。ギタリストも、盛り上がると弾くの忘れてコーラスいれちゃうイカす奴だったんだ。当時はオリジナルパンクスがそろいも揃って不調だった時期でさ、ある意味原体験に限りなく近い衝撃を受けたのを覚えてる。そうだな、初めて周囲の状況に異議申し立てをする音楽に出逢った。別に家族とか、学校とか、周囲の環境にイラッとすることは何も、なかったんだけども、そろそろ自分のやり方と伝え方で、ものを言いたくなってたんだと想う。なんだ、俺は俺でいいんだな、って想った。

 そう考えた日から、堰を切ったみたいに、それまで気にも留めなかったような物事がガーッと自分の中に入り込んできたんだ。それ以来、今の俺が始まったんだ。でも、The Clashは、ジョーが生きてる限り再結成しないと想ってたし、ジョーも、The Clashで過ごした年月で、燃え尽きたように見えて、メスカレロスと演ってる音は 余生を優雅に過ごしてる印象があったんだ。だから、最初の印象を壊されたくなくて、あえて観に行かなかったんだ。

 でも、とある冬の夜、渋谷で友達のライヴを観に行く途中、HMVにジョーストラマーが来てる!って告知を観ちゃったんだ。時間も余裕があったし、サインとか握手なんて、叶わなくていいから、感謝の言葉を伝えられたら、、って想って、行く事にしたんだ。HMVは当時よく立ち寄ってて、イベントが始まるまでは フロアのあちこちを観てたりしてたんだけど、時間が迫ってくると、やっぱり緊張したw Sonyのスタッフが、厳戒態勢で準備万端にしてたんだ。いざ始まってみると 意外なほどフラリとメスカレロスのメンバーと一緒にジョーが入って来た!すごい無理をしてない感じっていうか、肩の力が抜けてる感じがしたんだ。でも、ふとしたときに見せる眼光の輝きは、まぎれもなく本人だと想った。それがわかっただけでも満足だったんだ。でも、会場に来てる人たちと話がしたい、って その場でジョーが言い出したんだ!スタッフは大慌てだったんだけど、順番に整然と列をつくるようにして、手はずを整えたんだ。で、自分の番がくるまでに、人生最大の勢いで脳みそをフル回転させて、何を言おうか考えた。時間は短くてもいいから音楽をやっててくれて、ありがとう、という感謝の言葉を伝えたかった。

 通訳の人もその場にいたんだけど、7歳児ぐらいの言葉遣いだったんだけど、"The Clashの音楽を聴いてなかったら、間違いなく俺はここには居ません。あなたの音楽からもらったものを、自分なりのやり方で伝えたいと想います"って言った。そしたら、ジョーは、あの不敵な笑い方で、"Thanks!! That's Great!! Keep Rockin'"っていってくれて、ギュッと握手してくれた。その瞬間から、俺は 何があろうと、自分の信条のままに、やれることを全部やってやろうって 心に決めたんだ。これが、ジョーストラマーと俺との間に起こった事の全てだ。明日からも、爆発的に生きようと想います。
スポンサーサイト
"American Slang" The Gaslight Anthem & Bruce Springsteen



昨日、アズベリーパークでのThe Gaslight Anthemのライヴに、スプリングスティーンが飛び入り、"American Slang"を共演しました。彼らの曲は、ブルースが若い頃に、ストーンズやゼムや、フーの音に入れ込んでいたように、自分たちの曲に、ブルースだったら、こう表現するだろうな、という音楽的な憧憬を、めいっぱい詰め込んでいるのが、見事に聴き手に届いてるところがいいんだと想う。しかも、ちゃんと自分たちのいいたいことも、さりげなく織り込んでいるし。どうせなら、ライヴで、何曲か 彼らにアレンジを託して自分の曲をやってみたら、面白いことになるかもしれない。
"Detroit Medley"(Sep.21'79@MSG "No Nukes")


 まぎれもなく、"No Nukes"のライヴLPに収録されたデトロイトメドレーの映像を観る事が出来ました!この映像を観る限りでは少し照明が強すぎるように想えるし、途中の、体の弱い観客に避難を呼びかける部分が丸ごとカットされていたり、"Quarter To Three"のぶっちぎりぶりから考えると、比較的演奏重視で、そんなに派手には動き回っていないとか、話題が止まらなくなります。後半のサングラスをかけるところあたりからは、細かい分析なんてどうでもよくなることは間違いないです!

 2012年のワールドツアーも続々と追加日程が発表されたり、早々とチケットが発売されたりと、本格的な盛り上がりをみせています!気になるのは、九月にオーストラリアに行き、ニュージーランドへ行くまでの日程が空いていること!フェスがらみだと、長時間だけども一回きりのライヴになってしまうので(自分が観たときのフジロックでのニールヤングは3時間近く延々と演奏した)、やはり単独公演をしっかりと組んでほしいものです。個人的な要望としては、オープニングアクトとして、ガスライトアンセムとフランクターナーを強く推薦したい!無論、ボスとの共演もありで!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。