Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"American Beauty"を聴いた!
American Beauty


リリースの第一報を訊いた時は、"High Hopes"に収録予定だった曲で、多分、Tom Morerroが参加する前にラインアップされていたものが、日の目を観た。
タイトル曲の"American Beauty"は、既に指摘されている通り、
"High Hopes"収録の"Frankie Fell In Love"が仕上がる過程で出来た曲なのかと想った。やはり、曲のつかみの鮮烈さは"Frankie Fell In Love"に軍配が上がると想った。

"Mary Mary"は、クレジットを観ると、ここ2作や、パティ・スキャルファのソロに収録されていても不思議ではないミニマムなサウンド。トビー・スコットがドラムプログラミングを手がけている。

"Hurry Up Sundown"は、ドラム以外は、ブルースのワンマン・レコーディング。ブルースの手癖のようなギターや、メロディのリフが随所で聴ける。"Working On A Dream"期の音を、よりロッキンにした印象。

"Hey Blue Eyes"は一聴すると、"The Rising"の頃の音に近いと想ったが、"Magic"を録ったアトランタのサザントラックスで、ブレンダン・オブライエンがミックス迄やっている。フルメンバーでE Street Bandが参加しているが、ブルースの唄を伝えることに主眼を置いた抑制された音作りになっている。

こういう形で、再び、過去の音源をリリースしてきたということは、
"Tracks"がリリースされた直後の、99-00年の"Reunion"ツアーでも、そうだったが、これらの曲が今進行中の、ライヴで披露される可能性は、薄いかもしれない。しかし、あれから、ここまでブルースが、作品のポテンシャルを落とさずに、多作になるなんて、誰も予想できなかった。今迄ブルースとジョンランドーが頑なに拘ってきたアルバムの整合性というか、全部E-Street Bandと録った新曲、だとか、完全にバンド以外のメンバーや、デモから発展させたアコースティックソロ、のような録音状況の一回性に囚われた縛りから、解放された、作品そのものに完全に焦点を合わせた、ストーンズでいう"Tatoo You"や、ディランの"Tell Tale Signs"級の強烈な傑作が、今後も、コンスタントに届けられる可能性が、自分の中で更に確信に変わりつつある。
スポンサーサイト
Tribute To Joey!
??-38

 ブルースと、初期パンクスの交流は、実は沢山ある。
"闇に吠える街"を共同制作した、ジミーアイオヴィンを通じて知り合った、パティスミスに書きかけの"Because The Night"を提供して、ライヴに飛び入りしたりとか、ブルースの80年代の作品の屋台骨を支えたボブクリアマウンテンは、エンジニアとしてのデビューは、デッドボーイズの1stアルバムのラフミックスだったし、ジョーストラマーは ブルースの最初のロンドン、ハマースミスオデオンでのライヴを観客として体験していた。オーストラリアのThe Saintsも80年代に入ってからブルースの"Born In The USA"に影響された"Just Like A Fire Wood"をリリースしているぐらいだ。

 ブルースは、自身のライヴでの空前絶後のパフォーマンスそのものが、スキャンダルの一つとしてのパンクに対しての最大のアンチテーゼだと、位置づけていたし、ジョニーロットンや、ジョーストラマーが、スプリングスティーンに対して悪態をついたという話は、自分の知る範囲では訊いたことがない。

 ラモーンズとブルースの最大の共通点は、フィレスサウンドがルーツにあることだと想う。ブルースは、アルバム"明日なき暴走"のレコーディング中に、フィルスペクターがDionのアルバムレコーディング中のスタジオを訪れ、たまらなくフィルスペクターにレコードのプロデュースを依頼したい想いに駆られたという。

ブルースにとっての最初の大ヒット曲"Hungly Heart"は、そもそも、ラモーンズに提供するつもりで、書き上げたが、辣腕のジョンランドーが"勿体ない"とストップをかけて、立ち消えになった。80年に、ラモーンズがフィルスペクターのプロデュースで"End Of The Century"をリリースしているが、見事な迄にBack To The 50s、60sの自身のルーツに敬意をはらったアルバムだった。もしフィルスペクターが止めなかったら、この中にラモーンズヴァージョンの"Hungly Heart"が収録されていたかもしれない。さすがにオリジナルヴァージョンが とてつもないアンセムになった今では、ラモーンズの為のデモ録音は残ってないかもしれないが、The River のBoxセットの片隅に、ひっそりシークレットトラックで収録してほしい 笑






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。