Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Joe Grushukeyとの共演について
ジョーグルシュキーの過去のアルバムを何枚か聴き直したら、
ノンクレジットといっていいほど控えめに何曲かにブルースが
関わっていたので、細かい点を検証してみました。

ブルースとジョーは、80年にリトルスティーヴンがジョーのバンド、
Iron City House Rockersのデビュー盤"Have a Good time but get out of my life"
をプロデュースし、ギターで参加した時からの旧知の仲だそうです。

まぁ、言わずもがな、最大の収穫とも言えるのは、95年のブルースの全面プロデュース作品、
"American Babilon”で、ブルースが提供したのは
"Dark and Bloody Ground"と"Homestead"。他の曲も、
92-3年のツアーバンドがバッキングをつとめてる曲が多数収録されてます。
これはE-Street Radioで突如オンエアされた本人版。
http://youtu.be/qmmxYCR52rY

98年リリースの"Coming Home"にも、ブルースは参加し、
"1945"
"Cheap Motel"
"I am not sleeping"
以上三曲は共作のクレジットがされている。
"Homestead"や"Dark and Bloody Ground"よりはブルース色が後退している印象。

"idiot s delight"
http://youtu.be/fCNx9x12QAM
これは、アズベリーパークの年末のベネフィットライヴや
"Devils and Dust"ツアーでブルースも披露している。

その後も共作は続いていて、Tour99-00のNYC公演の途中で、突如
披露したのが"Another Thin Line"
http://youtu.be/9Z6QN3y8dJo

"Code of Silence"
http://youtu.be/JJlPtIdpV7s
スタジオ録音としては少し間があき、2006年の"Good Life"からの共作4曲で、ようやく発表。
これはブルースが"Essencials"に提供してるライヴテイクとは当然別録音。

"A Good Life"
"Serching for my soul"
"Is She The One"

この3曲は、ブルースは参加はしているが、手堅くバッキング
コーラスとギターに徹している印象。
ライヴアルバム、"Down the road apiece Live"は、
これはジョーとHouserockersのツアーにブルースがコーラスと
ギターで参加した時に録られたライヴで、参加クレジットも入っています。
アルバム表題曲は、もともと1940年にDon Rayeによって書かれた曲で
恐らく、ブルースも、ジョーも、チャックベリーかストーンズ版で知ったんだと想います。
http://youtu.be/k3hhViVRpf0
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。