Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Concert for Valor"


 2014年11月11日(日本時間12日)、"Concert For Valor"に、ブルーススプリングスティーンが出演するので、HBOのUstream中継を観ていた。やはり、イベントの性質上、アメリカの戦争帰還者の立場、というか国の正義を強く肯定するような広告も、かなり挟み込まれたが、正直違和感を感じた。戦争は、殺し合いであって、勝ちも負けもない、と個人的には想うからだ。

 前半、デイヴグロールが自身のバンド、Foo Fightersの"Everlast"を、ひいき目だが、どこかブルースのような唄い回しで演り、開演前の幾つかのニュースサイトで、ブルースとサウンドチェックするリハの写真も観ていたので、ひょっとしたら、、と想っていたら、案の定、飛び入り!しかし、突如、放送のトラフィックが急激にビューワーが増加したため、なぜかまるまる一曲分だけ、ダウンして,リアルタイムでは、観られなかった。。

http://youtu.be/WByoGR6aBbM

その後、すぐ復旧して、ブラックアイドビーズの短いけどガツンとまとまったライヴが終わると、ブルースが再度登場した!ひょっとして このために制作されたのでは?と想う位、素晴らしいバックステージ!そんな中で、"Promised Land"、やっぱり演った"Born In The USA"、ラストに"Dancing In The Dark"で、締めくくった。

まぁ、"No Nukes"の頃から、"参加することが一つの声明だ"語っていたブルースは、今回は、初っ端のデイヴグロール達との共演、クリーデンスクリアウォーターリバイバルのカヴァー、"Fortunate Son"に、想いを込めたのだと、感じた。Stand Up For Heroes2014と違って、オフィシャルの映像はUpはされていないようだが。

スポンサーサイト
"Stand up for heroes 2014"
standupforheroes2014.jpg


2014年11月5日、ツアーを終えて半年ぶり以上にブルースの久々の
ライヴパフォーマンスがNYのMSGでの"Stand Up For Heroes"で
後追いだったが、5曲のフル演奏を観られた。

まぁ、家庭人としての生活と、レコーディングやビデオ制作も以前と
変わらず並行してやっているようで、初っ端の唄い出しでの、歌と
ギターの切れ味は、ツアーの時点と全く変わってなくて安心した。

いわゆるチャリティライヴでの演奏は、かなり数があるが、どれも、
演奏自体は、ラフで、ブルースも自身のツアーの時程、没頭していない
ふしが伺われて、幾つかは、プロショットで、観ても、繰り返し何度も、
というのは意外に少ない。たとえストーンズやポールマッカートニーとの
共演でも。これは、我ながら不思議ではある。

まだHBOからのオフィシャル映像がUpされていないが、
やっぱり黙らされたのは、"Born In The USA"!!
そして、前回も確か演奏したけど、ラストの"Dancing In The Dark"!
たとえ歌とギター一本でも、ちょっとした唄い回しやギターのリフの
ニュアンスが絶妙なので、息を呑んで、最後迄観てしまった。

http://youtu.be/SImkKTKTu-M





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。