Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年、初ライヴ!"Light Of Day Benefit"!!
2015年のブルースの初ライヴは、毎年恒例のアズベリーパークの"Light Of Day"ベネフィットコンサートだった。恐らく、昨年末には飛び入りとはいえ、出演を決めていたように想う。それも踏まえての、11月、12月の単発のイベントや、チャリティライヴの出演も承諾したんだと感じた。このままロードに戻るかは、まだ分からないが。それにしても、以前は、丸一日たってやっと当日の様子や写真や映像が入ってきたのに、今は、twitterやFacebookで、逐一進行がリアルタイムで伝わるのは、さすがに凄い、と実感する。

ブルースが"ここには、かき立てられる何かがある"と言い放って、
"Thunder Road"をはじめた、という瞬間は、さすがに観たかった!
□Setlists□
One Guitar (with Wilie Nile)

The Letter(tribute to Joe Cokker)
This Little Girl Of Mine
Higher And Higher
I Don t wanna Go home
(with Southside Johnny,La Bamba s Band )

Janey Don t you lose heart(Solo)

Adam Raised A Cain
Savin Up
From Small Things
Never Be Enough Time
Racing In the Street(Rock.ver)
Pumpkin Iron
Darkness On The Edge Of Town
(with Joe Grushukey)
Frankie Fell In Love
Heart Of Stone
Save My Love
Talking To The King
Because The Night(with John Eddie & Willie Nile)
Light Of Day
Thunder Road
Promised Land

スポンサーサイト
1978年8月9日、ジ・アゴラ、クリーヴランド
bs780809_01.jpg


ついに年末にLive Archive シリーズの第二弾でリリースされた1978年8月9日のアゴラのライヴを聴いた。この時期は、もう冗談抜きでブートレグが無いギグを探すのが困難な位だが、この日のライヴは、FMで生中継され、多くの人の耳に届いたこともあって、ブルースと、ジョンランドーがツアーの合間の休みに、わざわざ スタジオ入りしてミックスダウンを終えていたという。その割に、"LIVE 75-85"のリリース時も、2010年の"Darkness"Boxの時も、選曲から漏れていたのは、何故だろう?と不思議に想っていた。

 マスターテープに壊滅的なダメージがあり、これまで修復出来なかった点がクリヤになったのか、とまぁ、ファンとしては、色々考えるわけだ。いざライヴ公式販売サイトのトビースコットのインタビューを読むと、7本のリールが存在していて、そこから仕上げられた、とのことだが、7枚の過去のアルバムのサウンドを更にクリヤーにしたシステムは、ライヴ音源にも充分効果を発揮することが、見事に立証された。

 いわゆるオーバーダビングを施した可能性もあるが、スタジオ録音に遜色ないぐらい、バンドの音のバランスが素晴らしい。何度目かのライヴ盤化になる"Prove It All Night"も、ブルースとリトルスティーヴンのギターの音が、見事に共存してるし、Live 75-85では、肝心なところが編集されていた、長尺の曲達も、ブルースの
演劇的なアドリブが入る箇所も、ノーカットで収録され、この時期のE-Street Bandのある意味、劇伴的ともいえるライヴでの演奏が、忠実に再現されている。今回は、わりと客席の歓声は、抑えめだが、いいバランスだと感じた。今後のアーカイヴシリーズのリリースと合わせて、恐らく次回のリリースになるだろう、"Live75-85"のリマスターの成果を聴くのが、更に楽しみになってきた。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。