Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年リマスター盤を聴いて
2014年にトビースコットがリマスターを監修した、ブルースの初期7作を
ようやく全作聴き終えた。1stこそ、単純に考えて一番聴いた回数が少ない
こともあり、今ひとつ違いが釈然としなかったが、2ndからは、もう驚きの連続
だった。オリジナルの状態が当たり前だと感じてずっと聴き続けていたので、
"The E Street Shuffle"のスタックス直系のブラスセクションの荒ぶる感じとか、
"Circus Song"のオルガンのペダルを踏むノイズとか、"Incident On 57th Street"のラスト、ブルースのギターソロが唐突にグッと入り込んでくるところとか、"Rosalita"の異様に高揚する感覚とか、"Newyork City Serenade"のイントロの静謐さとか、消え去って欲しくないところが沢山あったが、幸いにも、杞憂に終わった。ミックス迄はやり直されない、という触れ込みだったが、各トラックのノイズが劇的に低減されながらも、レコーディングの雰囲気は、しっかりと伝わってきた!!

"Born To Run"は2005年(といっても10年前)に音のバランスはそのままに、ボリュームを上げた感覚でリマスターされていたので、油断していたら、まぁ、凄かった!全体的にブルースとマイアミがギターを曲に合わせてかき鳴らす感覚とか、"裏通り"のゲィリータレントのベースとか、"Jungleland"のストリングスアレンジの細かい部分とか、明らかに今迄、気づかなかった部分の音が明確に聴き取れるようになっていたし!

"Darkness"も、従来の音源での、ロックナンバーのギターの過剰に痩せた音が
ぐっと前面に出て、バランスも改善されていたし、無論、
"Racing In the Street"のロイビタンのピアノとダニーフィデリシのオルガンの繊細なタッチも しっかりと聴き取ることができたし、2010年リマスターで気になっていた、"Something In the night"のイントロの微妙な音揺れも目立たなくなっていた。

そして、今回一番期待していた"The River"の初リマスターは、なんかもう、
スタジオライヴを一発録りしたような感覚!!マックスのドラムの音が素晴らしく
よく録れているし、ブルースが思わず発した"Yay!!"!!とかっていう叫び声も、
はっきりと聴き取れるし!この時のパワーステーションでの仕事は素晴らしい!
通算にすると あまり聴けていない2枚目の何曲かすら、新しい発見があった。

"Nebraska"は 今迄のどのCDマスターより、ブルースの歌とアコースティックギターが、自然に捉えられてるように想えた。ハーモニカの音色も、一発で曲の情景が浮かぶ感じ!"Open All Night"や"Johnny99"のブルースのギタリストとしてのビート感も強烈に伝わってくる。

"Born in the USA"は、最初に聴いたときからCDだったので、正直あまり差が
感じられないかな?と想ったら、30年の年月は凄かった。どの曲も、目の前で
ブルースとE Street Bandが演奏してる感覚!アウトロの細かいエンディングとか、
ブルースとバンドがノッてしまって演奏が止められない感じが伝わってきた。

これを聴く前に、"Tunnel Of Love Express "の88年4月のライヴを爆音で
聴いていたので、本当に久しぶりに、十代の頃の感覚が蘇ってきたし、
これまでブルースの音楽に惹かれて過ごしてきた日々は、何一つ間違ってない!!
と改めて確信した。

そう、テレビで、"Thunder Road"と"The River"と"Dancing In The Dark"と"Rosalitaを
小林克也さんのDJで初めて目撃した時から、今迄ずっと、これからも
"I m just a prisoner Of Rock n Roll"ってことさ!
スポンサーサイト
"Ride down baby into this TUNNEL OF LOVE Express"
 88年4月のLAの"Tunnel Of Love Express"ツアーのライヴ、何度となく聴いた!
この時期は、FMでの世界中継のライヴ(1部のみ)や、東欧でのライヴがテレビ
放映もされて、比較的ライヴの全容が掴みやすいが、ライヴを丸ごと収録したものが最高の形で届けられた。トビースコットの手になるDSDリマスタリング。

 "Tunnel Of Love"の制作過程で、齟齬が生じてしまったE-Streetersとの関係も、
ツアークルー達との長い付き合いの中で生じてきた馴れ合いを打破すべく、
ステージの立ち位置から、演出から、ライヴ75-85の次の場所へ向かおうとするブルースの意志を強く感じた。

 "Tunnel Of Love"からの楽曲のライヴヴァージョンは どれも素晴らしい!
オープニングは、いつか映像も公式発表して貰いたいぐらいの出来だし、
70年代からの音楽的な足下の軽さと、R&Bや、ソウルナンバーへのバックトゥルーツの感覚の幸福な融合。
もし、アムネスティのツアーがなく、もっと長くこのツアーが続いていたら、
"Human Touch"とそのアウトテイクに一部成果がみられたような、ソウルや R&Bベースの
E-Street bandとのアルバムが仕上がっていた気がする。
その名残が"Have Love,Will Travel"と"I m A Coward"、2013-14年の
ツアーでも披露された"アポロメドレー"のひな形ともいえる"Sweet Soul Music"のカヴァーだ。
前者2曲はスタジオヴァージョンでも未発表だったので、日の目を観て嬉しい。
まぁ、この時期ならではの自問自答というか自虐的な歌詞ではあるが。

 "Born In the USA"ツアー時にも、"Man At The Top"や"Seeds"や、
"War"といったメッセージ性が強烈で、音楽的にもニルスのギターが全開になったナンバーを
披露していたが、そこから数歩前進しようと模索しているようにも想える。
"Horns Of Love"も、ハマる曲は強烈に曲をドライブする事に成功しているしね!

 "Roulette"や、"Part Man Part Monkey"や、"You Can Look"のロカビリー
ヴァージョンの披露も、面白いし、聴きものだ。"Dancing In The Dark"も、
まだ、"The Rising"ツアーでの決定的な完成形には まだ達していないが、
やはり、映像が観たくなってしまう!

 "Live Archive"のリリースも安定してきたが、各ツアーからの記録用のライヴ映像や、
ライヴ音源の断片も、オムニバス的にまとめてリリースを熱望したいと
最後に我が侭を書いておく。90年のLAでのソロ、カムバックライヴでもいいし、
92年のツアードレスリハーサルもあるし、95年のラジオライヴもあるし、
まぁ、きりがないな!(苦笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。