Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Jeannie Needs A Shooter('80)" Warren Zevon


Warren Zevonを知ったのは、アルバム、"Sentimental Hygiene"から。タイトル曲のビデオを観て、声の存在感と、その曲にニールヤングの爆音のギターが入っていて興味を持ち、何枚かのアルバムを聴いた。凄くシニカルな世界観を寓話的に曲にする人だと想ったが、ブルースに負けないぐらい映像的な歌詞も多く、その楽曲の深みに気付かされることが、今尚多い。本人も、ミュージシャンズ・ミュージシャンという印象で、ジャクソン・ブラウンに絶賛されたりとか、ディランやグレイトフルデッドや、大御所といわれるアーティスト達が彼の曲をライヴでカヴァーしたり、レコーディングしたりしていた。R.E.Mのメンバー達とレコーディングした"Hindu Love Gods"のプリンスの"Rasberry Beret"のカヴァーも凄く面白く聴いたし、初期の頃のアルバムが廃盤だったり、探し辛いころだったので、CDで出ていたベスト盤を聴きながらも、さりげなく"W"の棚を探す日々が続いた。そんな中で見つけた、彼のライヴアルバムに"Jeannie Needs A Shooter"という、スプリングスティーンと共作のクレジットの曲が入ってるナンバーを見つけて、聴いてみた。ライヴテイクだったせいもあるかもしれないが、凄く演奏が締まっていて、ソリッドなナンバーに仕上がっていた。最近、ようやくブルースのヴァージョンを聴くことが出来たのだが、全く違う形に仕上げられていた。元々は73年にブルースが書いたナンバーだったのだが、ブルースの音源を何らかの形で聴いたWarrenが改作して、自分のヴァージョンを仕上げた、ということだ。



Warrenは残念なことに2003年、ガンの為に逝去してしまったが、病状を知った上でレコーディングされた"The Wind"のアルバムにもブルースは2曲で、コーラスとギターで参加している。"Human Touch"/"Lucky Town"期のような曲に見事にフィットしたギターソロを決めている。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://itshardtobeasaint.blog96.fc2.com/tb.php/29-a42d34bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。