Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Thunder Road"('No Nukes",MSG'79)
 聴き始めた途端、"The River"の時と同じブルースハープのイントロが流れて来て、ホッとする間もなく、マシンガンみたいに言葉が飛び出して来た。歌詞カードを取り出すも、数秒で頓挫(笑)でも後半、サビにむかうところから最後迄、熱狂的に盛り上がるなかには、絶対に、今はわからないけど 重要な事が唄われているに違いないって確信した。本能的に。




 でも、本当にこの曲に出逢ったと感じたのは、それから少し経ってから。別の機会に放送された特別番組の冒頭で"Thunder Road"がライヴで唄われるのを観たのが最初だった。やはり、"No Nukes"の79年MSGでのライヴからの映像。画期的な事に、字幕が同時に出て来て、ようやく歌の全容が初めて掴めた気がした。映像的というか抽象的というか、シナリオの場面が展開していくような歌詞だなって想った。それでも、決めのところの台詞には、やっぱり痺れた。未だに とある重要な局面で サラッと吐いてみたい言葉だらけだし!
 "Well I got this guitar,and learned how to make it talk"の直後の、鋭利な刃物みたいに響いてきたフレーズ!あとは、ピアノの上に乗っちゃったりとか(笑)なんていうんだろう。当時、無意識に求めてたものが全部入りで、そこに現れた。って感じだった。その番組は、今考えても 優れた内容で、インタビューと、そのときに、既に発表されてたビデオを全部と、ライヴを"Born In The USA"と"Cover Me"と"Detroit Medley"を それまでの抜粋じゃなくって、ほぼフルで!オンエアしてくれたんだ!そこで、とうとう、全面的に降参した。早い話が、ファンになったのだ!そう、"Growing Up"の一節を借りると、"宇宙へと飛び出す鍵を見つけた"気がした。
スポンサーサイト


コメント
No title
このTHUNDER ROADの映像見た時は自分もぶっ飛びました。
それまでは「動くスプリングスティーン」と言えばROSALITAしか見たことが無かったのですが、大好きなこの曲のライブ、予想以上のカッコよさでした。
クラレンスとの掛け合いは絶品ですね。今となっては泣けますが。
やはり何としてもNO NUKESの完全版は出して欲しいですね。
[2011/09/23 22:00] URL | ニャロメ #- [ 編集 ]

No title
>ニャロメさん
このときはThe Riverツアーの直前の久々のライヴで、決して全部が全部、ブルースもバンドも演奏の調子がいいわけではないのに、撮影が入った3曲は凄いことになっていますよね!ジャクソンブラウンとの"Stay"も、"Detroit Medley"も観てみたいですよね。
[2011/09/24 00:13] URL | EBi #ABtNyfaA [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://itshardtobeasaint.blog96.fc2.com/tb.php/3-34f0b388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。