Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Clarence Clemons,R.I.P


 クラレンス・クレモンスが亡くなったというニュースが目に入って来た瞬間、絶句してしまった。ブルースファンの友人に連絡を入れ、メールを何通か返信したものの、その時点では"Backstreets"のNews欄も17日から更新されていなかったし、、、信じたくなかった。しかしbrucespringsteen.netのトップにブルースからのお悔やみのコメントが掲載されているのを観て、事態を認めざるを得なくなった。

 クラレンス・クレモンスとブルーススプリングスティーンの音楽に初めて逢ったのは十三才。念願叶ってライヴを観ることが出来たのは、十七才。99年のリユニオンツアーも観に行って、その後は、、、悔しいことに観に行けなかったけど、、、この夏、久々に姿がみられると想っていたんだけど、、、残念です。

 彼の冥福を心から祈りたいと想います。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://itshardtobeasaint.blog96.fc2.com/tb.php/33-5ec2a4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。