Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Wrecking Ball"(2009)@Giants Stadium,NJ


 最近のリトルスティーヴンのインタビューや、セッションに参加したドラマーがtweetしたりして、少しずつ、ブルースのニューアルバムに関する情報が入り始めている。前回のツアーで披露した"新曲"の"Wrecking Ball"は、トランペットがフィーチャーされた、どこかアイリッシュパンクのノリを感じさせるナンバーに仕上がっていた。

 まぁ、以前の"American Skin(41Shots)"や、"Land Of Hope & Dreams"のように、ライヴ音源の発表のみで終わるかもしれないが、2000年代に、それまでを考えると信じられないようなハイペースでオリジナルアルバムを3枚リリースしたブルースとE Street Band。でも、以前も少し書いたが、ブルースは"Working On A Dream"をリリースした直後あたりから、次の"E Street Band"のサウンドを試行錯誤している最中なのでは?と考えたりした。昨年末にも、"The Promise"に収録されていたナンバーを選んでAsbury Parkでライヴをやったり、"The Promise"の制作中、未完成のアウトテイクにオーバーダブをしたりして、70年代~80年代のセッションでやり残したことがないか、新たな糸口を常にアンテナを張り巡らせて探しているんだと想った。

 実際、"Seeger Session Band"との2枚を除くと、純粋なソロアルバムは6年前の"Devils &Dust"が最後になっていたし、近年、有名無名を問わず様々な若いバンドや、ソングライターとライヴで共演したりレコーディングに参加したりしているのも、新たなレコーディングにおけるパートナーを捜す目的もあるのかもしれない。個人的にはThe Rootsとテレビで"The Promise"からのナンバーをやったり、Elvis Costelloのテレビショーでベーシスト以外はオリジナルのAttractionsにニルスと、ロイが加わったバンドで、滅多にこの手の番組では起こらない演奏における、化学反応めいたマジックが起きたように想えた。

まぁ、次のプロデューサーとして名前が挙がっているのはパティスキャルファのソロアルバムを手がけた人だし、"Human Touch"と"Lucky Town"の時もそうだったが、例えTotoのメンバーがレコーディングに加わっていても、作業が終わって、発表になるまでは、毎度どんなサウンドが出てくるのかというのを予想するのは至難の業だ。実際、今回のクラレンスの逝去を切っ掛けに、また秘密裏にE-Streetersを招集して、"Greatest Hits"の時のように、数曲仕上げ、またはアルバム迄到達してしまう可能性だって充分残されていると想う。

 ブルースは、自己の表現に関する内的衝動には 非常に敏感で、正直な人なので、一旦創作意欲に火がついたら、最後迄やりきると想う。まぁ、以前よりは、アルバム一枚で全てを表現し切る、という点についてはこだわりがなくなってきたようだが。どんな作品があがってくるにせよ、素晴らしい作品が完成されることを期待したいと想う。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://itshardtobeasaint.blog96.fc2.com/tb.php/36-0015c24d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。