Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"American Slang" The Gaslight Anthem & Bruce Springsteen



昨日、アズベリーパークでのThe Gaslight Anthemのライヴに、スプリングスティーンが飛び入り、"American Slang"を共演しました。彼らの曲は、ブルースが若い頃に、ストーンズやゼムや、フーの音に入れ込んでいたように、自分たちの曲に、ブルースだったら、こう表現するだろうな、という音楽的な憧憬を、めいっぱい詰め込んでいるのが、見事に聴き手に届いてるところがいいんだと想う。しかも、ちゃんと自分たちのいいたいことも、さりげなく織り込んでいるし。どうせなら、ライヴで、何曲か 彼らにアレンジを託して自分の曲をやってみたら、面白いことになるかもしれない。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://itshardtobeasaint.blog96.fc2.com/tb.php/46-d8ca517e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。