Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Wreckin Ball"@2012 Grammy Awards
http://www.mediaite.com/tv/bruce-springsteen-and-the-e-street-band-open-the-grammys/

ということで、2月12日、グラミー賞授賞式で ブルーススプリングスティーンとE Street bandがTV中継の幕開けを飾る"Wrecking Ball"を披露しました。グラミー授賞式は、ブルースは84年から数回出席していて、印象に残っているのが、やはり、ジョーストラマートリビュートでリトルスティーヴン、デイヴグロールらと演奏した"London Calling"だったりするわけですが、まぁ、今回はストリングスも入っていたし、メンバーの立ち位置も制限されていたこともあり、普段のライヴとはやはり少し趣が違う印象でした。カメラワークもブルースのクローズアップ中心で、マックスや、ロイ、ギャリー、といったバックの面々が映ることが極端に少なかったことが残念でした。

演奏も、ツアーに向けて始動開始!といった印象で、これから予定されているツアーの中で、どうライヴアレンジが施されて、演奏が熟していくのか?ということに凄く興味があります。

http://amass.jp/1607

今回は エンディングのポールマッカートニーの"Abbey Road Medley"にもギター持参で乱入し、本領発揮!といった感じで ギターソロをポールに振られて、満面の笑みで弾きまくっていたのが印象的でした。ブルースは どちらかというとストーンズやフーや、ゼムといった硬派のR&Bがルーツにあるバンドが好みみたいですが、やはりビートルズは自然に耳に入ってきてたんだと想います。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://itshardtobeasaint.blog96.fc2.com/tb.php/52-190b19ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。