Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Talkin’bout Pete Townshend
ブルースが、Musicare 主宰のスティーヴィーレイヴォーンベネフィットの授賞式で、
The Whoのピートタウンゼントが表彰されるにあたって、プレゼンターを務めた。
無論それだけでなく、The Whoと"My Generation","Won T Get Fooled Again"を共演した。

この半年、ライヴアーカイヴからの公式海賊盤の80年、84年のリリースを除くと、ほぼ飛び入りに近いライヴ出演を除けば、ツアーもなかったし、鳴りを、、潜められそうにないのは世界中のブルースファンが承知している事だ。

Backstreets Webで公開された、当夜のブルースのスピーチを聴くことができたので、
あくまで、ラフの私訳ではあるが、以下に、全文を 掲載する。
------------------------------------------------------------------------------
 ピートタウンゼントがドラッグとアルコール中毒と闘う人々を援助する彼の決意に対し、今年のスティーヴィーレイヴォーン賞を授賞することになった。

彼のThe Whoでの活動とダブルOチャリティを通じて、ピートは
長年、懸命に努力し、精神性を高めてきた。
そして、寄付。。充分な成果だ。幾つか例を挙げると、
1986年のダブルOプロモーションはコロンビア火山噴火過の救済コンサート、
1989年のThe Whoの再結成ツアーは アメリカで8万ドルの子供達への
寄付を生み出した。イギリスでは、ティーンエイジカンサートラストに
ここ数年、多大なる援助をし、3万ポンドの寄付と、がん研究所と教育施設の創設を
実現した。今回のツアーでも、ティーンエイジカンサートラストや、マイケル
Jフォックス基金、私生児の為のアンドレアガシチャリティ基金、NYCの貧困との戦いを援助するロビンフッド基金など、同等の規模でチャリティのために基金を積み立てようという計画もある。

ピートとThe Whoが人々になし得てきた事は、まだまだ話せるけど、
ここじゃ、ちょっとピートが俺にしてくれたことを話すよ。

 俺はピートタウンゼントのためにならないと想ったんで、フェンダーテレキャスターで、
ウィンドミル奏法をやるのは止めておいた(苦笑)
66年か67年から記憶が定かじゃないけど、The Whoの最初のアメリカツアーでさ
ボードウォークの近くのコンベンションホールの長蛇の列の中にいたのさ。
看板には大きな文字で、"ハーマンズハーミッツ!" そして(小さな文字で)The Who!
って書いてあってさ。俺は、まだ十代で、初めて皆で連れ立って観に行ったロックコンサートだったんだ。

 ピートとThe Whoもレコード契約したてでまだ若くて、バリバリの十代でね、
荒ぶってて、攻撃的なマジックがあったツアーだったな。彼らは そのツアーで ハーマンズハーミッツのオープニングアクトだったんだよ。なんてこった、って話さ(苦笑)

 俺はコンベンションホールの自分の席のあたりをブラブラしながら、始まるのを
待ってた、確か最初のバンドは、、、ブルースマグーズだったと想う。
ニューヨーク出身。お、そっちに 覚えてる人何人かいるみたいだな? 本当に?(爆笑)
彼らには"Ain t Nothing Yet"って凄い曲があって、連中が、電飾付きのスーツで
出てきて、ホールの照明が消えるとそれが浮かび上がってさ、当時としちゃ画期的な効果だったよ。

そして、The Whoが出てきてさ。多分30分も演らなかったと想う。
ピートはスモークの中でギターを床やアンプにメチャクチャに叩き付けてぶっ壊してさ、
客はというと、"Mrs.ブラウンのお嬢さん"だけしか知らないミーハーな連中だったから、
口を あんぐりと開けて、何だこれ!って感じだったよ、あ、勿論*Who Are You?" 
"誰だこいつら?" "なにやってんだ?" ”なんでこんな真似をしてるんだ?"ってね。

俺に理解できたのは、The Whoの音楽と、連中が完璧に恰好良い楽器でやらかす
ものごとが、とびきり愉しかったってこと!

体がいいだけのものが完璧に破壊されるのは 何かとてつもなく素晴らしかった。
The Whoが、誰かが体裁を整えた安全なシロモノをぶっ壊す、仕組まれた暴動は
喜びと、目眩! なぜだか知らないけど それが俺を愉しませたし、スリルがあったし、かきたてられたんだよな。

 俺が十代の頃にやってたキャスティールズってバンドで、早速影響されて、
16歳だったんだけど、翌週末にカトリック学校のSTローズオブリマの
CYOダンス用の地下室でギグがあったんだ。早速出かけていって発煙筒とストロボライトを
手に入れてさ、ギグの間中付けっぱなしにしてさ。自分のギターは1本しかなかったから、ぶっ壊したら、其の夜は 何もできなくなっちゃうからさ。
発煙筒のところにいっちゃ、ストロボライトのとこに戻って、上の階の教室から
かっぱらってきた花瓶を持ってさ、自分のダンエレクトロのアンプの上に よじ上って、
わざとらしく花瓶を振りかざして、煙まみれになりながら それを
ちょっと ビビりながらダンスフロアに叩き付けて、アンプから飛び降りたのさ!

無論、間抜けだったね。心神喪失みたいな感じだったよ。花瓶はさすがに
買ったばかりのテレキャスターの替わりにはならなくってね、でも
それをやったってだけで充分だったな。手を血まみれにしたピートタウンゼント
になったような気がしてさ。。。想いだしたくなかったけど

それからも、The Whoの音楽と一緒に成長してきたんだ。
性的なフラストレーション、政治、アイデンティティ、とかのテーマが
The Whoのアルバム全部から、俺の静脈に入り込んできてさ、
いつも彼らの音楽の中に、自分自身を見つけてた。"The Seeker"は
"Born To Run"の登場人物みたいだったし、、、ピートがギターを血だらけに
してなかったら、俺は ジャングルランドにも、辿り着け、、、なかったろうな。

ピートは 信じられない位最高の、リズムギタリストなんだ。彼は
信じられないような、誰も弾けないないようなリードギターを観せてくれたろ?
本当にそれってとてつもないことなんだよ。ピートは下衆な商売だった
ロックを、スピリチャルで品格があるものに高めたんだ。彼は嫌がるかも
しれないけど、それを確固たるものにしたのさ。そこに向かう事も恐れなかった。
そこを通り過ぎるのに俺は何十年も時間がかかった。ピート、改めて
"Who s Next"とか"あんた誰?"じゃなくて 俺自身が、おめでとうと言う為に
今日は来たのさ!
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://itshardtobeasaint.blog96.fc2.com/tb.php/71-f768390e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。