Greetings from Lover's Lane
ブルース・スプリングスティーンについて、なにもかも。
Twitter

 



カテゴリ



月別アーカイブ



最新記事



最新コメント



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年リマスター盤を聴いて
2014年にトビースコットがリマスターを監修した、ブルースの初期7作を
ようやく全作聴き終えた。1stこそ、単純に考えて一番聴いた回数が少ない
こともあり、今ひとつ違いが釈然としなかったが、2ndからは、もう驚きの連続
だった。オリジナルの状態が当たり前だと感じてずっと聴き続けていたので、
"The E Street Shuffle"のスタックス直系のブラスセクションの荒ぶる感じとか、
"Circus Song"のオルガンのペダルを踏むノイズとか、"Incident On 57th Street"のラスト、ブルースのギターソロが唐突にグッと入り込んでくるところとか、"Rosalita"の異様に高揚する感覚とか、"Newyork City Serenade"のイントロの静謐さとか、消え去って欲しくないところが沢山あったが、幸いにも、杞憂に終わった。ミックス迄はやり直されない、という触れ込みだったが、各トラックのノイズが劇的に低減されながらも、レコーディングの雰囲気は、しっかりと伝わってきた!!

"Born To Run"は2005年(といっても10年前)に音のバランスはそのままに、ボリュームを上げた感覚でリマスターされていたので、油断していたら、まぁ、凄かった!全体的にブルースとマイアミがギターを曲に合わせてかき鳴らす感覚とか、"裏通り"のゲィリータレントのベースとか、"Jungleland"のストリングスアレンジの細かい部分とか、明らかに今迄、気づかなかった部分の音が明確に聴き取れるようになっていたし!

"Darkness"も、従来の音源での、ロックナンバーのギターの過剰に痩せた音が
ぐっと前面に出て、バランスも改善されていたし、無論、
"Racing In the Street"のロイビタンのピアノとダニーフィデリシのオルガンの繊細なタッチも しっかりと聴き取ることができたし、2010年リマスターで気になっていた、"Something In the night"のイントロの微妙な音揺れも目立たなくなっていた。

そして、今回一番期待していた"The River"の初リマスターは、なんかもう、
スタジオライヴを一発録りしたような感覚!!マックスのドラムの音が素晴らしく
よく録れているし、ブルースが思わず発した"Yay!!"!!とかっていう叫び声も、
はっきりと聴き取れるし!この時のパワーステーションでの仕事は素晴らしい!
通算にすると あまり聴けていない2枚目の何曲かすら、新しい発見があった。

"Nebraska"は 今迄のどのCDマスターより、ブルースの歌とアコースティックギターが、自然に捉えられてるように想えた。ハーモニカの音色も、一発で曲の情景が浮かぶ感じ!"Open All Night"や"Johnny99"のブルースのギタリストとしてのビート感も強烈に伝わってくる。

"Born in the USA"は、最初に聴いたときからCDだったので、正直あまり差が
感じられないかな?と想ったら、30年の年月は凄かった。どの曲も、目の前で
ブルースとE Street Bandが演奏してる感覚!アウトロの細かいエンディングとか、
ブルースとバンドがノッてしまって演奏が止められない感じが伝わってきた。

これを聴く前に、"Tunnel Of Love Express "の88年4月のライヴを爆音で
聴いていたので、本当に久しぶりに、十代の頃の感覚が蘇ってきたし、
これまでブルースの音楽に惹かれて過ごしてきた日々は、何一つ間違ってない!!
と改めて確信した。

そう、テレビで、"Thunder Road"と"The River"と"Dancing In The Dark"と"Rosalitaを
小林克也さんのDJで初めて目撃した時から、今迄ずっと、これからも
"I m just a prisoner Of Rock n Roll"ってことさ!
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://itshardtobeasaint.blog96.fc2.com/tb.php/73-bc1543f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。